社史制作の期間

お客様の準備期間を除き、外部ライターによる書き下ろしの場合、通常、取材開始から執筆、編集、印刷・製本、納本まで約1年半~2年が目途です。内容によっては、期間を短縮することも可能ですが、ポイントはお客様との調整(原稿チェック・校正など)をいかにスムーズに進められるかにかかっています。
通常、原稿の取材・執筆に約6カ月、編集・制作に約6カ月は見込む必要があります(この間、同時進行のやりとり次第で全体の期間が左右されます)。

  • ①社史編纂のための計画書の作成
  • ②資料収集および取材
    (社員、OBへの資料・写真提供依頼)
  • ③二次資料等の収集・整理
  • ④粗年表の原案作り・検討
  • ⑤構成、仮目次の原案作り・検討
  • ⑥執筆者資料読み込み
  • ⑦執筆構想の作成
  • ⑧口絵コンセプトの策定
  • ⑨掲載写真の収集・撮影
  • ⑩原稿執筆、資料作成
  • ⑪委員会での原稿チェックおよび原稿修正
  • ⑫出版社への原稿、写真引き渡し
  • ⑬構成・レイアウト案チェック
  • ⑭本文・口絵校正チェック
  • ⑮装幀案検討
  • ⑯本文・口絵最終チェック
  • ⑰印刷・製本